実装は熱意と時間があれば誰にでもできる。

新しいものが出てきたタイミングであなたが思いつく既存物との組み合わせは誰もが同時に思いついている。

その新技術の開発者や周辺人物と比べればスタートラインすらあなたの遥か前方にあるのだ。

勘違いをしている。

組み合わせることがイノベーションというのは結果論に過ぎない。

あなたの洞察によって整理された仕組みを実装するのに既存物の組み合わせが必要なだけだ。

相対化して、実装せよ。

計算力が上がりモジュール価格が下がり続ける限り、人間の改善スピードを圧倒的に上回る試行が可能となる領域は広がり続ける。

そうした世界では相対化自体に価値は無い。批評や予想はむなしく現実の後を人間の速度で歩き続ける。まるで人間から見たゾンビのように、ゆっくりと。

洞察を、実現せよ。

関連記事

人類の「知識」に関する一考察

夜を走る列車

吉田神社節分祭について

ゾンビのようにサンタは踊る

生命は生命を賛美する

再帰型定義機械

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です