illust

思い出のさいはて

articles

建築批評空間を可視化してみた

articles

Orangepi PC2でarmbianでlibrealsense、しちゃいましてね

巨大な建造物、あるいは街。時間は真夜中で出歩く人はいない。誰もいないのは、廃墟だからかもしれない。 昼間のそれらに私たちは近づけない。大きな歯車のように、暗くて先も見通せないほど巨大なしくみの一部として動いているから。 […]

stories