フリーWiFiやイベント会場のWiFiに接続してWEBページを開こうとすると、「このサイトにアクセスできませせん」(This site can’t be reached)というエラーが出ることがある(chromeの場合)

「WiFi DNS エラー」とかでググっても、パブリックDNSを使おうだの、ログインが必要なWiFiかどうか確認しようなどの無駄な情報が出てくる。そんなのはさすがにわかってやってるのだ。

で、僕の場合問題はなんだったのかというと、ipv4のDNSアドレスにはGoogle Public DNS(8.8.8.8, 8.8.4.4)を設定していたのにもかかわらずルーターがipv6の問い合わせを優先していたらしく、DNSの問い合わせが失敗したいたらしい。

回避策として、windows 10の人はパブリックDNSを設定するときには、コントロールパネル>ネットワークとインターネット>ネットワークと共有センター>アダプターの設定の変更でインターネットプロトコルバージョン6(TCP/IPv6)にも設定すること。

Google Public DNSのipv6アドレスは、

  • 2001:4860:4860::8888
  • 2001:4860:4860::8844

なので間違えないように設定する。

 

 

関連記事

echo spotでスマホを持ってない人とテレビ電話をする方法

MiSTEL BAROCCO MD650Lをbluetooth接続にしてmobilityを爆上げ

MiSTEL BAROCCO MD650Lを持ち運びやすくするマグネット足を作った

MiSTEL BAROCCO MD650Lレビュー: 左右分離型ロープロのメカニカルキーボード

workaround for a Orange PI problem USB WiFi with Armbian cannot be found from network

中華系防水bluetoothイヤホンでちゃんと防水できたのは1社だけだった

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です