フリーWiFiやイベント会場のWiFiに接続してWEBページを開こうとすると、「このサイトにアクセスできませせん」(This site can’t be reached)というエラーが出ることがある(chromeの場合)

「WiFi DNS エラー」とかでググっても、パブリックDNSを使おうだの、ログインが必要なWiFiかどうか確認しようなどの無駄な情報が出てくる。そんなのはさすがにわかってやってるのだ。

で、僕の場合問題はなんだったのかというと、ipv4のDNSアドレスにはGoogle Public DNS(8.8.8.8, 8.8.4.4)を設定していたのにもかかわらずルーターがipv6の問い合わせを優先していたらしく、DNSの問い合わせが失敗したいたらしい。

回避策として、windows 10の人はパブリックDNSを設定するときには、コントロールパネル>ネットワークとインターネット>ネットワークと共有センター>アダプターの設定の変更でインターネットプロトコルバージョン6(TCP/IPv6)にも設定すること。

Google Public DNSのipv6アドレスは、

  • 2001:4860:4860::8888
  • 2001:4860:4860::8844

なので間違えないように設定する。

 

 

関連記事

エンジニアの苦しい毎日を救う魔法の白い粉

汎用クローラのリポジトリを更新しました

windows10でvid2vidを動かそう

Optunaでハイパーパラメータ探索ができるようにTensor2Tensorを改造した!

えるしってるか WSLではwindowsのバイナリを実行できる

Ubuntu 16(WSL)でのaptエラー対処

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です