しばらく前にTinyWhoop用に買っていたiRangeXのいろんなプロトコルが使えるちょっとかっこいいプロポですが、乾電池を入れっぱなしにしてたら気づいたらなんか電池から変な白い結晶が出ていました。

新しい電池に入れ替えてみてもなんか動いたり動かなかったりなので修理します。

本体のネジはドライバーで簡単に取れるので中を見てみると、タンタルコンデンサがなんか焦げてました。”200 6V”と書いてあるので、200μF 6Vのコンデンサだと思われます。

サイズは測ってみると3225サイズのチップらしいことがわかりました。(EIA規格だと1210)。

秋月でちょうど良さそうなセラミックコンデンサが見つかったのでこれに付け替えます。

ていうかセラミックコンデンサで220μFって初めて見ました。村田かSamsungぐらいしか作ってないっぽいです。楽に手に入ることに感謝です。

付け替え。もうひとつのコンデンサもなんか恐いので付け替えておきます。

これで無事操作できるようになりましたー。

関連記事

blenderで操作不能になったら見るまとめ

香港の重慶大厦(チョンキンマンション)での香港ドル両替はどれぐらいお得なのか検証

自作PCにubuntuでdeep learning用の環境とかを整える

1755 MHz OCのRTX 2080 TiタワーPC(32GBメモリ)を28万円で作った話

Razer Bladeのバッテリーをaliexpressで買って交換した

blenderでオブジェクトのキーフレームを途中からごっそり入れ替える

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です