ここに上げてます。

github初公開レポジトリです。

win/mac/linいけます。openGL素晴らしい。

winではcygwinがfreeglutがなぜかダメだったのでvisualstudioで使って下さい。
あとmacもfreeglutがうまくいかないので、OpenGLWindow.cppの61行目”glutMouseWheelFunc(mouseWheelFunc)”をコメントアウトして下さい。
macports用のMakefileになってるので通常のmacでやりたい方は書き換えて下さい。

linはubuntu12.04で動作確認。でもvirtualbox上だからかもしれんがマウスホイールを拾ってくれませんでした。

とりあえず使い方は、

・OpenGLBase.cppの変数DIMENSIONを変えると平行投影、遠近法が切り替わります。(2で並行、3で遠近)
・同じくOpenGLBase.cppのmain内のwindowコンストラクタの引数でウインドウサイズと背景色決定(width, height, DIMENSION, red, green, blue)
・描画はDrawerクラスのdraw関数内に。
・時間変化はDrawerクラスのupdate関数内に。

・q or ESCで終了。
・sでアニメーションスタート。
・マウスホイール使えない時もzでズームイン、xでズームアウト。

だいたいこんな感じです。
ただのみんな持ってるラッパークラスなので機能は無いです。

詳しいこととか改善はまた気が向けば。

f:id:Drunkar:20120602051311p:image
謎すぎるサンプル画像。

関連記事

エンジニアの苦しい毎日を救う魔法の白い粉

汎用クローラのリポジトリを更新しました

windows10でvid2vidを動かそう

Optunaでハイパーパラメータ探索ができるようにTensor2Tensorを改造した!

えるしってるか WSLではwindowsのバイナリを実行できる

Ubuntu 16(WSL)でのaptエラー対処

コメント

  1. 通りすがりのたけ

    おもしろそう!
    気が向いたら試してみる(^^)v

  2. Drunkar

    またそのうちグラフ描画アルゴリズムを実装していく予定なのでお楽しみに!

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です