やってしまいました。ついにレンズに手を出してしまった。

買ったのはSIGMAの14mm F1.8 DG HSM (Art) SE、一言で言うとGoPro並の超広角レンズで、しかもかなり明るくシャープな図像のレンズです。

GoProの画角はフルサイズセンサーだと15mm換算らしいので、これぐらいです。そしてF1.8と明るい。それをα7(初代)につけることでスーパーなGoProになるわけです。

しかしアホほどデカくて重い。今まで使っていた僕の所有する唯一のレンズ、ZEISSのSonnar T* FE 35mm F2.8 ZA SEL35F28Zと比べると知能が低下しそうなサイズであることがわかります。


しかしこれが良い。広角すぎて撮影者の視野に入るかどうか怪しいぐらいの位置まで移してくれます。雲の多い空や近くにモノがたくさんあるスナップなどでかなりダイナミックな画が撮れます。なんなら周辺部をトリミングしても良い画になります。以下は作例。

fromraw by drunkarsp on 500px.com

fromraw by drunkarsp on 500px.com

関連記事

Kindle Cloud Readerで洋書を読む時にDeepL翻訳を使う

技術同人誌15冊が無料!いますぐライバルに差をつけろ!

え!!17.3インチモバイルモニタをusb-cで繋いでPCレスPC環境を!?

usb-cで甦れ!押入れのmacbook air

『君の名は』はキモいのか

フェイクだった時代の終焉

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です