タッチパッドは驚くべきことにこれでも機能しているのですが、クリックボタンが押しても反応しなくなってしまいました。これはいかんでしょということで、バッテリーの交換をすることにしました。なお使ってるRazer Bladeのモデル名はRZ09-0195です。

裏面なんかもうジンベエザメのような可愛さすら生まれています。

Razerの公式に問い合わせたところ、以下のような回答が得られました:

  • 修理手数料: 144 USD
  • バッテリ部品コスト: 60 USD
  • 合計: 204 USD

そっか。。。しかも修理期間中にマシンが無いのも困りますね。バッテリーだけを購入させてくれないか、とも聞いてみましたが、「アダプター、ねじ及びゴムマット以外には、スペアーパーツ提供をしていません」とのこと。

バッテリーだけを購入できるか?

Razerの公式スペックを見ると、バッテリーの容量は70Whとのこと。僕のモデルはKaby Lake CPUなのでこれのマイナーチェンジモデルですが、おおむね一緒でしょう。

そしてAliexpressで「rz09-0195」で検索すると、いくつか出てきました。ちゃんと70Whになってる以下のやつを注文しました。

いざ交換

まさに自分で交換してる人がいたのでこの通りにやります。

この人も中国から取り寄せたとか言ってるのでだいたい一緒でしょうね。バッテリーを抑えるようにフレキケーブルがあるのでそれだけ注意です。

わがままボディ。。。

なお購入したバッテリーには、「RAZER」の刻印こそありませんでしたが、デルのPSE認証等もありOEM元の同一品という感じでした。これぞ深圳という感じですね。

で、交換したところ、ちゃんと起動もしたし、クリックボタンも復活しました!やったね!

使用済みバッテリーは家電量販店などJBRCの回収拠点に持ち込んで引き取ってもらいましょう。

 

関連記事

自作PCにubuntuでdeep learning用の環境とかを整える

1755 MHz OCのRTX 2080 TiタワーPC(32GBメモリ)を28万円で作った話

blenderでオブジェクトのキーフレームを途中からごっそり入れ替える

MiSTEL BAROCCO MD650Lの持ち運びにはあのケースがぴったり

高層を拒否し、「ニュー オールドタウン」を選択したフランクフルトの市民参加型都市計画

echo spotでスマホを持ってない人とテレビ電話をする方法

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です