3DプリンターのファイナルアンサーことZortrax M200を手に入れてしまった今、私の野蛮な所有欲はレーザーカッターをその射程に捉えました。

奇しくも11月11日、アリババグループの独身の日セールにて15W(平均 8W)のレーザーカッターが$300弱で売られていたのです…

https://ja.aliexpress.com/item/15W-laser-15000MW-diy-laser-engraving-machine-14-20cm-metal-engraver-laser-marking-machine/32811142093.html

「FABOOL Laser Miniとかいいなー、でも1.6Wで6万円もするし、アクリルカットするには10Wは欲しいけどCO2レーザーになるとクソ高いし値段と置き場所が…」

というそれまでの私の悩みをすべてなぎ払うその姿はさながら巨神兵のようでした。

で、送料をさらに$10加算されたりなんだりの末、12月末にようやく届きました。遅すぎだろ…

ちゃんと保護メガネも同梱だよ!

組み立て・操作マニュアルもドライバソフトウェアもちゃんとついてます。一番うれしいのは、インストラクションの動画がついてくるところ。制御ソフトもしっかりしています。刻印モードとカットモードがある。レーザーカッター側の絶対座標とかは考えずに、レーザーヘッドの現在位置からの相対座標でレーザーカットが始まります。

まずは刻印モードを試してみましょう。デフォルトの豚を刻印します。(かわいい)

付属のなんか白い棒で、ターゲットとの距離を調節します。この台も付属品です。

棒をなくしたときのために。約17mm。

やりました。

いいですね

全然普通に動いて逆に拍子抜けでした。次はカットモードを試してみます。

次回

燃えます。

 

続きの記事:

関連記事

numpyでarray内要素の全組み合わせの計算をする

Razer Bladeを一年間冷やし続けて辿り着いた最良の方法

gcpでTensorFlowaをビルドして機械学習するまでがめんどくさかったのでメモ

4000円の左右分離型bluetoothイヤホンで風呂時間が圧倒的成長👆した話

技適通ってる小型ドローンTinyWhoopを改造して自作コースで遊ぼう

えるしってるか ColaboratoryではGithub上のjupyter notebookがひらける

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です