前ブログの記事で、あらゆる表現は次の3つで捉えられると書いた。 クラシック : 様式。一般にイメージのクリシェとして利用可能であるもの。 アヴァンギャルド : 類を見ないもの。 バズ : マスメディアの登場以降。クラシッ […]

stories

同じ時がずっと流れ続けることを永遠と呼ぶならば、その巨人たちは永遠の中に生きているようだった。もう少し言葉を尽くすならば、巨人たちが知覚する時間と彼ら自身が何かをなすのにかかる時間との間には、時を忘れるほどの隔たりがあっ […]

stories

虫めがねで火はつかなかった 木の棒をこすっても火はつかなかった マッチをこすると火がついた チャッカマンでも火がついた たまごっちがほしかった 貧乏じゃなかったけど そんなに簡単に買ってくれなかった 方眼紙にまめっちを描 […]

stories

「大きくなったら何になりたい?」と大人は聞く。 「大きくなってもやりたいことはなに?」「大きくなっても忘れたくないことはある?」という質問をして答えられない子供がいた時に自分の境遇を正直に話せる大人がどれほどいるだろうか […]

stories

自分に影響のある範囲では変化を拒む。そうでないと考えているところでは革新(そんなものはないのだが)を望む。 それは共同体を維持するためには必要なことだ。集団としての強さを見出したホモサピエンスの本質的な部分ではあると思う […]

stories