splashtopというリモートデスクトップサービスがあります。知名度的にはTeamViewerに及ばないかもしれませんが、こいつはサクサク動きます。

最速だと言われるmicrosoft純正の「リモートデスクトップ接続」は画面を画像として転送するのではなく、クライアント側で画面描画を行う故にOpenGL 3.3だかまでのソフトウェアしか使えないという制限がありますが、splashtopはよく分からんが早くてちゃんと最新ソフトウェアも動きます。

同じネットワーク外からのアクセスも日本国内ならそれなりに早いです。

なので家のデスクトップを外から操作することがストレスなく行えるようになりました。そうなると欲しくなるのがusb-c充電可能なラップトップですね。スペック低いので良いので。幸い家には2012年のmacbook air 13 inchがあります。さらにamazonでmagsafre2-usb cケーブルなるものを発見しました。

簡素で良い梱包DA!

神プロダクトであるRAVPowerの61Wコンパクトusb-c PD対応ACアダプタに繋いでみます。

 

 

60wの充電器として認識されています。

アンペア(A)×電圧(V)も30Wぐらいです。この値はたぶんレギュレータ通った後の数字だと思われます。このmacbook air純正のAC充電器は45Wですが、appleのフォーラムで60W、85Wの充電器使っても大丈夫やで、と言ってるのでたぶん大丈夫でしょう。現に充電できました。

今度はpd対応のモバイルバッテリー買わないとだ。

関連記事

『君の名は』はキモいのか

フェイクだった時代の終焉

低解像度動画を高解像度にアプコンする精度がすごいと話題のTecoGANをwindowsで動かしてみた

5月分のBanggoodクーポン Mi Pad 4 Plusもあるよ

Kindle Cloud Readerで洋書を読む時にgoogle翻訳を使う

シグマのフルサイズ超広角Artレンズを買った

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です