今回はカットの安定化の話です。

15W半導体レーザーカッターで黒アクリルも切れることがわかりました。でもやっぱり一番手軽に入手できて使いやすいのはMDFです。

キャンドゥのMDFクリップボードのB4サイズがちょうどぴったりプラットフォームに一致するサイズなのでこれをよく使っています。

しかし、これだけではいくつか問題があります:

  • 振動によるボードのズレ
  • 水平が取れないことでレーザーのカット深さにムラが出る

などです。ということで、

防振マットやホワイトボード、それとクリップボード、あと磁石を追加で買ってきました。

ホワイトボードは、分解すると枠+ダンボール+鉄板になります。この鉄板が欲しかったのです。

2つのMDFクリップボードで互いを挟み合い、間に鉄板をはさみます。こうすることでMDFがガッチリ固定でき、さらに上のMDFがカットされた場合でも貫通したレーザーを鉄板が受け止めてくれます。MDFよりは切れにくいはずです。

あと下側となるクリップボードの裏側と、レーザーカッターのプラットフォーム4隅に磁石をくっつけて置いて、カット中に板が動かないようにします。

さらに振動防止&机が燃えるのを防ぐため、大きめのMDFクリップボードをレーザーカッターの踏み台にして、机と接する面には振動防止マットを置きます。

言い忘れましたが、クリップボードにはペンクリップがついているので、ニッパーで破壊しておきましょう。

これでMDFはかなり安定してカットすることができるようになります!鉄板はいたんだら買い換えれば良いのでかなりおすすめ。

 

関連記事

numpyで3次元座標インデックスの配列を作る方法

deep learningフレームワーク・ライブラリをGPU環境のwindows10にインストールする方法と応用まとめ

transformerで自然な会話ができるボットを作った

エンジニアの苦しい毎日を救う魔法の白い粉

汎用クローラのリポジトリを更新しました

windows10でvid2vidを動かそう

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です