格安でOCのrtx 2080 tiマシンを作った後、cpuをi9-9900Kにしてしばらく使用していたのですが、気づいたら起動しなくなっていました。

ヘビーな計算をさせてる最中とかではなく、アイドル時にぶっ壊れてしまったのは謎。

メモリを別のと入れ替えたりして、

  • マザボ( MSI Z370 GAMING PLUS )のメモリスロット
  • DRAM( ADATA XPG-Z1 DDR4-2800 )

両方壊れていることが確定。原因はよくわからないままですが、

  • マザボがintel 第8世代想定のものだった
  • 使っているDRAMがマザボ公式サイトの動作確認メモリに入っていなかった

等で不幸な結果となったのでしょう。仕方ないので買い替えます。それぞれ強めのものにして、CPUクーラーも虎徹 Mark IIから最強と名高い忍者 五にします。

  • マザボ: ASRock Z390 Taichi
  • DRAM: CORSAIR VENGEANCE LED DDR4 PC4-24000 (3000MHz)
  • CPUクーラー: 忍者 五 SCNJ-5000

忍者 五なんじゃこれアホみたいにでかいですね。左右幅がありすぎてGPUのラジエータファンがケースに入らなくなりました。

仕方ないのでラジエータファンを分離してケースの外側に無理やりくっつけることにしました

これで頼むよ。。。

関連記事

numpyで3次元座標インデックスの配列を作る方法

300ドル15W中華半導体レーザーカッター買った その5

deep learningフレームワーク・ライブラリをGPU環境のwindows10にインストールする方法と応用まとめ

transformerで自然な会話ができるボットを作った

エンジニアの苦しい毎日を救う魔法の白い粉

汎用クローラのリポジトリを更新しました

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です