MiSTEL BAROCCO MD650Lが良い、と言い続けていますが、持ち運ぶときに萎えるのが有線。

バッグからPCを取り出し、キーボードを取り出し、ケーブルを取り出してつないで。。。

とやるのはなんだかテンションが下がります。

USB機器を無線化するキットとか無いのかなー、と思ってたらバッチリのものがありました:

USB HID機器をbluetooth化してくれるらしいです。アクリル筐体の中にはESP32が見えますね。

ArduinoでUSB機器をエミュレートするコードを見たことがあるので、たしかにこれならできそうです。

届いたものを設定してみると、キーボードを難なくwindowsにbluetooth接続することができました。電源をいれるとすぐに繋がってくれるし、接続が不安定で特定のキーが入力され続けて困る、とかいうこともありません。

あとは、コンパクト化して持ち運びやすくするために、以下のものたちを追加で買いました

短いケーブルとモバイルバッテリーを買って、N’s Bandでがっちり一体化します。

これで有線のコードよりかは遥かに取り回しが良くbluetooth化できました。緊急時にはモバイルバッテリーとしても使えます。

本体側のケーブルは、前回作ったマグネット足にくっついてくれるので邪魔にもなりません。

関連記事

echo spotでスマホを持ってない人とテレビ電話をする方法

MiSTEL BAROCCO MD650Lを持ち運びやすくするマグネット足を作った

MiSTEL BAROCCO MD650Lレビュー: 左右分離型ロープロのメカニカルキーボード

workaround for a Orange PI problem USB WiFi with Armbian cannot be found from network

中華系防水bluetoothイヤホンでちゃんと防水できたのは1社だけだった

僕のジョギング・ウォーキングに革命をもたらしたiOSのスピーチ機能 with Kindle

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です