MiSTEL BAROCCO MD650Lは肩が開いて人間工学的に良い上に、薄くて持ち運びやすいです。しかし純正の足では左右のキーボードの裏面を向かい合わせてガッチーンとしたときにガッチーンとならず、居心地の悪い思いをします。

これをもっとガッチーンとさせて持ち運びやすくする足を作りました。

こういうのです。四角い穴のところにキャンドゥとかダイソーとかで買える強力磁石を入れます。

すると、ガッチーンとなります。

磁石の側面でくっつくのでそれほど強力ではないですが、隙間が最小になってくれたので良い感じです。

これならカバンに入れられますね。

openSCADで作ったのでコードもあります:

 

関連記事

echo spotでスマホを持ってない人とテレビ電話をする方法

MiSTEL BAROCCO MD650Lをbluetooth接続にしてmobilityを爆上げ

MiSTEL BAROCCO MD650Lレビュー: 左右分離型ロープロのメカニカルキーボード

workaround for a Orange PI problem USB WiFi with Armbian cannot be found from network

中華系防水bluetoothイヤホンでちゃんと防水できたのは1社だけだった

僕のジョギング・ウォーキングに革命をもたらしたiOSのスピーチ機能 with Kindle

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です