MiSTEL BAROCCO MD650Lは肩が開いて人間工学的に良い上に、薄くて持ち運びやすいです。しかし純正の足では左右のキーボードの裏面を向かい合わせてガッチーンとしたときにガッチーンとならず、居心地の悪い思いをします。

これをもっとガッチーンとさせて持ち運びやすくする足を作りました。

こういうのです。四角い穴のところにキャンドゥとかダイソーとかで買える強力磁石を入れます。

すると、ガッチーンとなります。

磁石の側面でくっつくのでそれほど強力ではないですが、隙間が最小になってくれたので良い感じです。

これならカバンに入れられますね。

openSCADで作ったのでコードもあります:

 

関連記事

自作PCにubuntuでdeep learning用の環境とかを整える

1755 MHz OCのRTX 2080 TiタワーPC(32GBメモリ)を28万円で作った話

Razer Bladeのバッテリーをaliexpressで買って交換した

blenderでオブジェクトのキーフレームを途中からごっそり入れ替える

MiSTEL BAROCCO MD650Lの持ち運びにはあのケースがぴったり

高層を拒否し、「ニュー オールドタウン」を選択したフランクフルトの市民参加型都市計画

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です