Orange Pi PC 2でArmbianを動かすのがとても良い感じです。

ただ、Wifiドングルなどがそのままでは動かないことがあり困ることもあります。

例えばELECOMのWDC-150SU2Mがそれです:

安いのでなんとか使いたいところです。いろいろ調べてみると、RTL8188EUというWiFiモジュールのドライバーをインストールすれば動くようです。

さっそくビルドしたいところなのですが、このままではlinux-headerがないとかで怒られてしまいます。

Ubuntuでは/lib/modules/*/buildにlinux-headerが配置された状態で配布されるのが普通っぽいですが、ArmbianやDebianではそれが無いこともあるみたいですね。

幸いにも僕が使っているArmbian(linux-4.14.48)のlinux-headerのaptレポジトリがあるようなのでインストールします。

wget https://apt.armbian.com/pool/main/l/linux-4.14.48-sunxi64/linux-headers-next-sunxi64_5.46_arm64.deb
sudo apt install ./linux-headers-next-sunxi64_5.46_arm64.deb

これでrtl8188euドライバーのビルドが出来るようになりました。

git clone https://github.com/lwfinger/rtl8188eu
cd rtl8188eu
make all
sudo make install

WDC-150SU2Mが認識されるようになるはずです。

 

 

関連記事

echo spotでスマホを持ってない人とテレビ電話をする方法

MiSTEL BAROCCO MD650Lをbluetooth接続にしてmobilityを爆上げ

MiSTEL BAROCCO MD650Lを持ち運びやすくするマグネット足を作った

MiSTEL BAROCCO MD650Lレビュー: 左右分離型ロープロのメカニカルキーボード

workaround for a Orange PI problem USB WiFi with Armbian cannot be found from network

中華系防水bluetoothイヤホンでちゃんと防水できたのは1社だけだった

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です