Orange Pi PC 2でArmbianを動かすのがとても良い感じです。

ただ、Wifiドングルなどがそのままでは動かないことがあり困ることもあります。

例えばELECOMのWDC-150SU2Mがそれです:

安いのでなんとか使いたいところです。いろいろ調べてみると、RTL8188EUというWiFiモジュールのドライバーをインストールすれば動くようです。

さっそくビルドしたいところなのですが、このままではlinux-headerがないとかで怒られてしまいます。

Ubuntuでは/lib/modules/*/buildにlinux-headerが配置された状態で配布されるのが普通っぽいですが、ArmbianやDebianではそれが無いこともあるみたいですね。

幸いにも僕が使っているArmbian(linux-4.14.48)のlinux-headerのaptレポジトリがあるようなのでインストールします。

wget https://apt.armbian.com/pool/main/l/linux-4.14.48-sunxi64/linux-headers-next-sunxi64_5.46_arm64.deb
sudo apt install ./linux-headers-next-sunxi64_5.46_arm64.deb

これでrtl8188euドライバーのビルドが出来るようになりました。

git clone https://github.com/lwfinger/rtl8188eu
cd rtl8188eu
make all
sudo make install

WDC-150SU2Mが認識されるようになるはずです。

 

 

関連記事

自作PCにubuntuでdeep learning用の環境とかを整える

1755 MHz OCのRTX 2080 TiタワーPC(32GBメモリ)を28万円で作った話

Razer Bladeのバッテリーをaliexpressで買って交換した

blenderでオブジェクトのキーフレームを途中からごっそり入れ替える

MiSTEL BAROCCO MD650Lの持ち運びにはあのケースがぴったり

高層を拒否し、「ニュー オールドタウン」を選択したフランクフルトの市民参加型都市計画

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です