さて前回までに、NIS&Servantのインストール(その1)・GASで監視(その2)を説明してきました。

今回は、NISのインストールとか運用とかのTIPSを書いていこうと思います。

SNのIPアドレスが変わる場合

通常のプロセス以外のことは、NEMのコア開発者の方々が個別に対応してくれます。

フォーラムのSuper Node関連のスレッドで質問しましょう。

特にSNのマシンを変えてIPアドレスだけが変わるような場合は、DBに登録済みの情報を手動で更新してもらう必要があるので、フォーラムに以下の情報を添えて投稿しましょう。1、2日以内に対応してもらえることがほとんどです。

  • 以前のIPアドレス
  • 新規のIPアドレス
  • NAFUNDに送ったsupernode開始のメッセージのtx hash

設定がちゃんとしてるかどうか確認したい場合

NISやServantが他のノードやRewardsシステムからどう見えてるか確認したい場合は、それぞれ以下を参照しましょう:

SNのIPアドレスを見たい場合

自分のIPアドレスや名前が登録されてるか確認しましょう

https://supernodes.nem.io/

NODEとして認識されているか調べる場合

NISが正しく稼働していれば、ノード一覧に表示されます

http://chain.nem.ninja/#/nodes/

NISの起動状態を知る

http://ip.of.your.node:7890/node/extended-info

NISがちゃんと起動していれば下記のメッセージが得られます(一部情報を隠しています) 。NEMのバージョンとかはここで確認できますね。

{"node":{"metaData":{"features":1,"application":null,"networkId":XXX,"version":"0.6.96-BETA","platform":"Oracle Corporation (1.8.0_181) on Linux"},"endpoint":{"protocol":"http","port":7890,"host":"XXX.XXX.XXX.XXX"},"identity":{"name":"XXX","public-key":"XXX"}},"nisInfo":{"currentTime":106390371,"application":"NEM Deploy","startTime":XXX,"version":"0.6.96-BETA","signer":null}}

エラーメッセージの例: チェーンの読み込み中の場合

{"timeStamp":106390142,"error":"Service Unavailable","message":"NIS_ILLEGAL_STATE_LOADING_CHAIN","status":503}

Servantの起動状態を知る

http://ip.of.your.node:7880/nr/metaData

Servantの情報もメッセージで取得することができます。

{"application":"Servant","publicKey":"XXX","version":"0.0.4-alpha"}

SN報酬の履歴を見る

下記サイトの「入出金履歴」の項目ではSN報酬は「SN入金」と表示されます。CSVダウンロードもできるので便利です。

http://xembook.net/xemtax.html?address=XXX

SNに必要なマシンスペックはどうやって決めるのか

NISをSNとして起動するのに必要なnemのリリースノートに書かれています。

例えば、現時点で最新の0.6.96では下記のような具合です。

Supernode owners should target a vps with at least 4GB and start NIS with params -Xms2800M -Xmx2800M.

メモリが最低4GBは必要ということですね。今後の更新に備えると8GBぐらいはあると良さそうでしょう。

またその他にもVPSをつかうときに考えるべきこととしては、ネットワーク帯域やCPUの共有等があります。

安いVPSに手を出してしまうと帯域上限や従量課金がきつかったり、スペックの低めのCPUでごまかしていたりします。

同じ物理マシンに同居している他インスタンスの影響もあるので、そういうところをちゃんとしているサービスを選ぶべきでしょう。

個人的なおすすめは、さくらインターネットのVPSです。

(2018-12-23追記) Chain Heightを見る

スーパーノードの報酬支払い条件の一つとして、ちゃんと最新のchainをロードできているか、というものがあります。(Chain Heightという項目)。ノードをずっと起動しておくとこれが遅れてしまうことがあるので、現在のchain heightを以下のapiからチェックし、状況が改善しないようならサーバーを再起動しましょう。

http://ip.of.your.node:7890/chain/height

関連記事

エンジニアの苦しい毎日を救う魔法の白い粉

汎用クローラのリポジトリを更新しました

windows10でvid2vidを動かそう

Optunaでハイパーパラメータ探索ができるようにTensor2Tensorを改造した!

えるしってるか WSLではwindowsのバイナリを実行できる

Ubuntu 16(WSL)でのaptエラー対処

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です