無料GPUというベーシックインカムを世界に先駆けて提供していることで話題のgoogle Colaboratory。実はGithub上にホストされているjupyter notebookを簡単にインポートして実行できてしまいます。恐るべし。

githubやnbviewerでもgithubのjupyter notebook(*.ipynb)をレンダリングすることができますが、編集・実行ができません。実行環境との接続が可能なColaboratoryではコードの実行ができるのですね。素敵やん。

試しに以下のnotebookを表示してみましょう

https://github.com/Drunkar/notebook/blob/master/coursera_machine_learning_2017/WEEK1_memo_Introduction.ipynb

githubリポジトリ内のjupyter notebookを開き、URLの”https://github.com”を”https://colab.research.google.com/github”に変換します。

はい開けました。

サイドバーが便利で良いですね。積極的に使っていきましょう。

関連記事

PC、iPad、Android、switchまで。。。あまりに万能なusb-cハブが最強だった

磯野~WSL2でCUDAしようぜ~

Unity recorderとか標準アセットとかがno longer availableで激おこプンプン丸をどうにかする

金属コーヒーフィルターで目が細かいのはどれだ!?比較スペシャル

Kindle Cloud Readerで洋書を読む時にDeepL翻訳を使う

技術同人誌15冊が無料!いますぐライバルに差をつけろ!

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です