無料GPUというベーシックインカムを世界に先駆けて提供していることで話題のgoogle Colaboratory。実はGithub上にホストされているjupyter notebookを簡単にインポートして実行できてしまいます。恐るべし。

githubやnbviewerでもgithubのjupyter notebook(*.ipynb)をレンダリングすることができますが、編集・実行ができません。実行環境との接続が可能なColaboratoryではコードの実行ができるのですね。素敵やん。

試しに以下のnotebookを表示してみましょう

https://github.com/Drunkar/notebook/blob/master/coursera_machine_learning_2017/WEEK1_memo_Introduction.ipynb

githubリポジトリ内のjupyter notebookを開き、URLの”https://github.com”を”https://colab.research.google.com/github”に変換します。

はい開けました。

サイドバーが便利で良いですね。積極的に使っていきましょう。

関連記事

自作PCにubuntuでdeep learning用の環境とかを整える

1755 MHz OCのRTX 2080 TiタワーPC(32GBメモリ)を28万円で作った話

Razer Bladeのバッテリーをaliexpressで買って交換した

blenderでオブジェクトのキーフレームを途中からごっそり入れ替える

MiSTEL BAROCCO MD650Lの持ち運びにはあのケースがぴったり

高層を拒否し、「ニュー オールドタウン」を選択したフランクフルトの市民参加型都市計画

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です