僕は朝起きることができない。いや、正確には僕が起きる時間が朝なのだが、僕があまりにも早く起きるために太陽が日和って逃げるように先に昇るのだ。つまり僕は11時ぐらいに起きる。

太陽はもう信用ならないので、IoT(Internet of Taiyou)で起きてみることにした。

IFTTT対応したなんらかのアプリ(例えばSmart Lifeなど)に対応したスマートプラグなりスマート電球やらを買ってきて時間指定で光らせるだけ。本当はgoogle home経由で「8時に起こして♡」とgoogleにお願いしたかったけれど、時間指定でのタスク実行はまだ対応していないっぽいので諦めた。


朝。

私の時間に太陽は昇る。いい感じに目が覚めた。

気がつくと私は横を向いて二度寝していた。視床下部に十分な光が当たらなければ効果は得られないので失敗であった。

数を増やして上下左右に光らせることを検討しよう。

関連記事

fitbitの睡眠スコアを90弱で安定させる良い睡眠を続ける簡単な方法

m1 ipad pro 12.9 2021のusb-cハブはコレがベスト

Time Machine不要!Macを11.2.3にダウングレードして原神をm1 macbook airでプレイする

MH-Z19CとM5StickCで二酸化炭素濃度モニタリング

【神軽量HMD】Avegant Glyph 改造: 瓶詰堂さんのaltglyphを作った

PC、iPad、Android、switchもドックいらず!あまりに万能なusb-cハブが最強だった

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。