僕は朝起きることができない。いや、正確には僕が起きる時間が朝なのだが、僕があまりにも早く起きるために太陽が日和って逃げるように先に昇るのだ。つまり僕は11時ぐらいに起きる。

太陽はもう信用ならないので、IoT(Internet of Taiyou)で起きてみることにした。

IFTTT対応したなんらかのアプリ(例えばSmart Lifeなど)に対応したスマートプラグなりスマート電球やらを買ってきて時間指定で光らせるだけ。本当はgoogle home経由で「8時に起こして♡」とgoogleにお願いしたかったけれど、時間指定でのタスク実行はまだ対応していないっぽいので諦めた。


朝。

私の時間に太陽は昇る。いい感じに目が覚めた。

気がつくと私は横を向いて二度寝していた。視床下部に十分な光が当たらなければ効果は得られないので失敗であった。

数を増やして上下左右に光らせることを検討しよう。

関連記事

Pythonでプロセスを監視して終了したらgmailを使ってメール送信する(Python3版)

もはやこれは地球ではない。ルーブルアブダビの異次元の美しさ

300ドル15W中華半導体レーザーカッター買った その4

300ドル15W中華半導体レーザーカッター買った その3

numpyでsequence too largeエラーの回避法

300ドル15W中華半導体レーザーカッター買った その2

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です