「麺」と「スープ」よりも「麺」と「硬め」の共起性を高めようとする自称トリックスターたちは、
最初から硬めの麺を出す店があったとしても硬めを頼まずにはいられない。

硬いとはなんだったろうか。

数十年後、ラーメン界では「硬め」とは「ラーメン一つ」を注文する慣用句になっているだろう。この流れを止めることのできるものはいない。

関連記事

人類の「知識」に関する一考察

夜を走る列車

吉田神社節分祭について

ゾンビのようにサンタは踊る

生命は生命を賛美する

再帰型定義機械

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です