批評は死んでいる

殺したのはインターネットではなく、スマホだった

多くの人の網膜に晒され心に響いて初めて創作に影響をおよぼすことができる批評の言葉は、自分を良く見せようという投稿に埋もれ、またその投稿に余念がない人には届かない。

社会実装のみがプロパガンダの権利を持っている。それにもかかわらず依然としてお金を持たないと広くものを作ることが難しいという制限も与えられ、深い教養と自己洞察を持った製品がこれからいくつ存在しうるというのだろうか

関連記事

人類の「知識」に関する一考察

夜を走る列車

吉田神社節分祭について

ゾンビのようにサンタは踊る

生命は生命を賛美する

再帰型定義機械

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です