arduino取り回しは良いけど安くはなくて、ちょっとしたプロトタイピングごとにずっと使うってことができない。

家にあるarduinoの数が限られてるので、以前のプロジェクトで作ったものを泣く泣く次のプロジェクトに転用したりすることになる。

で、amazon探してたらなんか桁数のおかしいものが見つかった

[amazonjs asin=”B00UL1KDW8″ locale=”JP” title=”Mini USB Arduino Nano V3.0″]

Vershipってストアから買うとなんと1個100円。思わず5個買ってしまった。

送料は全商品にかかってしまうらしく、総額2200円。それでも1個440円。牛丼かよ

IMG_1313のコピー

1個1個真空パックに入ったうえで箱に入っており、良い感じ。ピンは割りとななめだけど。さすがに中華製格安arduino互換機といったところ。

あとmicroではなくmini usbで、usbシリアルドライバもなんかCH340Gというのを使っているらしくドライバインストールが必要。(macの場合は下記URLからダウンロードしてインストール)

http://www.wch.cn/download/CH341SER_MAC_ZIP.html

それでも許せてしまう値段はすばらしい。

関連記事

エンジニアの苦しい毎日を救う魔法の白い粉

汎用クローラのリポジトリを更新しました

windows10でvid2vidを動かそう

Optunaでハイパーパラメータ探索ができるようにTensor2Tensorを改造した!

えるしってるか WSLではwindowsのバイナリを実行できる

Ubuntu 16(WSL)でのaptエラー対処

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です