Javaの起動オプションに’-Duser.timezone=Asia/Tokyo’をつけてあげればオッケーです。

ついでにUTF-8で日本語のログ出力にも対応させます。使うのはもちろん公式のdockerイメージ

データはVOLUMEでコンテナとは切り離して置きます。クジラに乗ったおじさんですね。


sudo docker run --name jenkins -d -v /docker_volumes/jenkins:/var/jenkins_home -p 8080:8080 -e JAVA_OPTS='-Duser.timezone=Asia/Tokyo -Dfile.encoding=UTF-8 -Dsun.jnu.encoding=UTF-8' jenkins

関連記事

Unity recorderとか標準アセットとかがno longer availableで激おこプンプン丸をどうにかする

金属コーヒーフィルターで目が細かいのはどれだ!?比較スペシャル

Kindle Cloud Readerで洋書を読む時にDeepL翻訳を使う

技術同人誌15冊が無料!いますぐライバルに差をつけろ!

え!!17.3インチモバイルモニタをusb-cで繋いでPCレスPC環境を!?

usb-cで甦れ!押入れのmacbook air

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です