Javaの起動オプションに’-Duser.timezone=Asia/Tokyo’をつけてあげればオッケーです。

ついでにUTF-8で日本語のログ出力にも対応させます。使うのはもちろん公式のdockerイメージ

データはVOLUMEでコンテナとは切り離して置きます。クジラに乗ったおじさんですね。


sudo docker run --name jenkins -d -v /docker_volumes/jenkins:/var/jenkins_home -p 8080:8080 -e JAVA_OPTS='-Duser.timezone=Asia/Tokyo -Dfile.encoding=UTF-8 -Dsun.jnu.encoding=UTF-8' jenkins

関連記事

香港ー深圳で一番便利になった広深港高速鉄道の乗り方・買い方

PC・タブレットでgoogle翻訳を活用する英語論文読み環境

Zortrax m200の反り対策

振動吸収カメラマウントの三脚穴付きのやつ作った

iRangeXのドローン用プロポを修理する

blenderで操作不能になったら見るまとめ

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です