Javaの起動オプションに’-Duser.timezone=Asia/Tokyo’をつけてあげればオッケーです。

ついでにUTF-8で日本語のログ出力にも対応させます。使うのはもちろん公式のdockerイメージ

データはVOLUMEでコンテナとは切り離して置きます。クジラに乗ったおじさんですね。


sudo docker run --name jenkins -d -v /docker_volumes/jenkins:/var/jenkins_home -p 8080:8080 -e JAVA_OPTS='-Duser.timezone=Asia/Tokyo -Dfile.encoding=UTF-8 -Dsun.jnu.encoding=UTF-8' jenkins

関連記事

エンジニアの苦しい毎日を救う魔法の白い粉

汎用クローラのリポジトリを更新しました

windows10でvid2vidを動かそう

Optunaでハイパーパラメータ探索ができるようにTensor2Tensorを改造した!

えるしってるか WSLではwindowsのバイナリを実行できる

Ubuntu 16(WSL)でのaptエラー対処

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です