slack、ステキですね。デザインとか細やかな気づかいが私の心をくすぐります。windowsだとネイティブアプリケーションが無いですが、デスクトップ通知を許可してショートカットを作れば、ユーザー体験的にはデスクトップアプリと遜色ありません。

さて、奥ゆかしきslackはデフォルトでslack-botを用意して、hubotで動作できるようにしてくれています。

しかし、公式のhubot-slackアダプタはwebhookを用いるので、hubotが動作する場所にグローバルURLからアクセス出来なければなりません。

Herokuでhubotを動かすことが推奨されている訳ですが、ローカルのアプリケーション(redmineとかgitlabとか)とhubotを連携させている場合、web上で動かすのは困ります。そのような場合にもslackはhubotに希望を残してくれています。

Slack を XMPP プロトコルで Hubot と連携する – ja.ngs.io

基本このページに書いてあることで動きますが、僕の環境では動かなかった設定と、細かい追記をいくつか。

1. グループのOwner権限のあるアカウントでログインし、Admin Settings > GatewaysからXMPPを有効化する(1回やればおk)

2. hubot用のユーザーを作成する

3. xmpp用のnpmをhubotにインストールする

npm install hubot-xmpp --save

4. hubot用のユーザーでログインして、Gateway情報画面からHost, User, Pass 情報を取得

5. hubotのbin/hubotのexec node_modules/.bin/hubot “$@”より前に以下を追記

# slack settings
export HUBOT_XMPP_HOST=conference.<グループ名>.xmpp.slack.com
export HUBOT_XMPP_ROOMS=general@$HUBOT_XMPP_HOST
export HUBOT_XMPP_USERNAME=<hubot用ユーザー名>@<グループ名>.xmpp.slack.com
export HUBOT_XMPP_PASSWORD=<取得したパスワード>

ここで、HUBOT_XMPP_USERNAMEには注意が必要です。参考サイトでは”hubot@$HUBOT_XMPP_HOST”となっていますが、僕の環境ではこれでは動きませんでした。”conference.”を除いた”<グループ名>.xmpp.slack.com”でなければダメでした。

6. “bin/hubot -a xmpp -n <使いたい名前>”でhubotを起動

7. slack上から<使いたい名前> ping でPONGが変えればおk

ステキなのです。

関連記事

fitbitの睡眠スコアを90弱で安定させる良い睡眠を続ける簡単な方法

m1 ipad pro 12.9 2021のusb-cハブはコレがベスト

Time Machine不要!Macを11.2.3にダウングレードして原神をm1 macbook airでプレイする

MH-Z19CとM5StickCで二酸化炭素濃度モニタリング

【神軽量HMD】Avegant Glyph 改造: 瓶詰堂さんのaltglyphを作った

PC、iPad、Android、switchもドックいらず!あまりに万能なusb-cハブが最強だった

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です