前回arduinoにつないでprocessingで値を読み取るまでをやったフォトリフレクタですが、これで指の動作認識ができないかと考えました。

指を伸ばした時と曲げた時とでは皮の厚みが異なるので、透過率の違いとして認識できませんかねということです。

1 ページ

 

そんでまあ、結果としてはできませんでした。何故かというと、指の皮は思ったより厚くて、伸ばした状態でもフォトリフレクタの値はかなり低いままだったからです。

Camera 360

 

しくみは単純で、指サックにフォトリフレクタを取り付けただけ。

Camera 360

 

それでも悔しいのでなんかできないかと探してたらこんなのがありました。

この方法ではフォトリフレクタを皮膚を離しておいて、リングを指に押し付けたときに指との距離の変化の度合いを見て指の柔らかさを認識する、ということが行われているようです。

今度はJST ERATOの五十嵐健夫先生のプロジェクトであった伸縮性認識でも試しにやってみよう…
MetaSkin: 薄くて伸縮性のある皮膚のようなインタフェース

関連記事

5月分のBanggoodクーポン Mi Pad 4 Plusもあるよ

Kindle Cloud Readerで洋書を読む時にgoogle翻訳を使う

シグマのフルサイズ超広角Artレンズを買った

numpyで3次元座標インデックスの配列を作る方法

300ドル15W中華半導体レーザーカッター買った その5

deep learningフレームワーク・ライブラリをGPU環境のwindows10にインストールする方法と応用まとめ

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です