あープロジェクト管理してーわー
そんなお前 見込みアリ

というわけでRedmineを使いたいです。でも余分なパソコンはありません。

でも実は誰でも1台だけ無料で使えます。そう、amazon ec2のマイクロインスタンスならね。

しかしRedmineのインストールはRubyのバージョン指定とかなんやらでやたらと面倒臭いです。以前試行錯誤の果てにec2上でnginx+unicornで動かしていたのですが、もうちょっと設定の過程をすっきりさせたくて再インストールしようかなというところでさっそうと現れたのがBitNamiです。

http://bitnami.com/

なんでもワンクリックでRedmineやwordpressやjenkins等々をec2上に構築してくれるというではないですか。

このページの”Cloud Server”のとこをクリックするだけの簡単な構築作業です。

とはいえこれだけだと余りにも過程が不透明なので、インストーラーを使ってインストールしてみます。

まずec2のマイクロインスタンスを立ち上げてsshで接続するところまではドットインストールのAmazon Web Services入門の#5までを参考に。

マイクロインスタンスのメモリは613MBしかなく、RedmineのBitNamiインストーラを使うには2GBぐらい要るよと言われるので、まずはスワップ領域を確保します。

$ sudo dd if=/dev/zero of=~/swap.0 bs=1024 count=1048576
    1048576+0 records in
    1048576+0 records out
    1073741824 bytes (1.1 GB) copied, 28.9288 s, 37.1 MB/s
$ sudo mkswap ~/swap.0
    スワップ空間バージョン1を設定します、サイズ = 1048572 KiB
    ラベルはありません, UUID=c54b30ec-1727-423e-8f55-ce585a2cffe9
$ sudo swapon ~/swap.0

スワップ領域を1GB確保しました。インストールにはこれで充分でした。確保できていることを確認します。

$ sudo swapon -s
    Filename				Type		Size	Used	Priority
    /home/ec2-user/swap.0                   file		1048572	0	-1

そしたらインストーラをとってきて実行するだけです。超簡単。

$ wget http://bitnami.com/redirect/to/24967/bitnami-redmine-2.3.3-1-linux-x64-installer.run
$ chmod 755 bitnami-redmine-2.3.3-1-linux-x64-installer.run
$ sudo ./bitnami-redmine-2.3.3-1-linux-x64-installer.run

設定に関していろいろ聞かれますが、”English”と”Y”で答えとけば問題ないでしょう。Redmineの通知用のメールアドレスを登録したい場合はインストール中にできます。

これでインストールは終了です。簡単すぎて涙が出ます。

redmineのルートは/opt/redmine-2.3.3-1/になります。MySQLとか必要なものは全部この下にインストールされます。なのでデータベースにアクセスするには、

$ sudo mysql -uroot -p -S /opt/redmine-2.3.3-1/mysql/tmp/mysql.sock mysql

みたいな感じになります。面倒ですね。

普通に使う分にはこれで問題ないのですが、こういうローカルなインストールはなんか気持ち悪くて、バージョンの変更とかいうときに非常に面倒じゃないかと思って、結局またnginx+unicornを使うことにしました。それに関しては次の記事で。

関連記事

香港ー深圳で一番便利になった広深港高速鉄道の乗り方・買い方

PC・タブレットでgoogle翻訳を活用する英語論文読み環境

Zortrax m200の反り対策

振動吸収カメラマウントの三脚穴付きのやつ作った

iRangeXのドローン用プロポを修理する

blenderで操作不能になったら見るまとめ

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です