思いが途切れる日を思いながら
夕日に今日を流し込み
濃い緑の陰と海のにおいの中を漂うばかり
きっとこのまま消えていくんだ
ぽつぽつと日々の点をうって、遠く手を伸ばしたあの日を描きながら

雨の日にはもうひとつの世界へ
通学路の水たまりの真ん中のあたりから
日々が走馬灯のように身体を駆け抜け
夜明け前のいちばん綺麗な空が時を刻むようにゆっくり回る

それでも見えるものはなんだろう
涙が出るほど愛おしいこれはなんだろう
これが世界だろうか
なんて社会のちっぽけなことか
日々の営みの無為なことか

そうだ僕はこの世界を描こう

関連記事

人類の「知識」に関する一考察

夜を走る列車

吉田神社節分祭について

ゾンビのようにサンタは踊る

生命は生命を賛美する

再帰型定義機械

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です