Camera 360

 

autodesk-123d-352

ただし魔法は尻から出る(つまり完成度は高くない)。

ありがちな発想をArduinoで形にしてみようと思います。イメージとしてはAutodesk社の3Dモデラーの右上に鎮座する四角いナタデココ野郎でありまして、こいつを前に向けるとPC内の3Dモデルも前を向き、右を向けと言えば右を向く、そういう「右ならえコントローラ」を作りたいと思います(分かりにくい)。右の画像はAutodesk 123Dです。

 

できました。

あんまりうまくないですね!

いちおうコントローラの向きに従ってます・・・。XBeeの通信にインターバルがあるのが最大のネックなのですが、なんでなんだろうか(上手くいくときもある)。

詳細はもうちょいどうにかしてから書きたいと思います。

関連記事

fitbitの睡眠スコアを90弱で安定させる良い睡眠を続ける簡単な方法

m1 ipad pro 12.9 2021のusb-cハブはコレがベスト

Time Machine不要!Macを11.2.3にダウングレードして原神をm1 macbook airでプレイする

MH-Z19CとM5StickCで二酸化炭素濃度モニタリング

【神軽量HMD】Avegant Glyph 改造: 瓶詰堂さんのaltglyphを作った

PC、iPad、Android、switchもドックいらず!あまりに万能なusb-cハブが最強だった

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です