虫めがねで火はつかなかった
木の棒をこすっても火はつかなかった
マッチをこすると火がついた
チャッカマンでも火がついた

たまごっちがほしかった
貧乏じゃなかったけど そんなに簡単に買ってくれなかった
方眼紙にまめっちを描いた おやじっちを描いた
たまごっちをつくった

誰かがマッチをつくった
誰かがたまごっちをつくった
誰かがトヨタをつくった
誰かが国をつくった
つくった人もにんげんだった
60歳ぐらいで死ぬにんげんだった
僕は80歳ぐらいまで生きるかもしれない
僕もなにかつくれるかもしれない

関連記事

人類の「知識」に関する一考察

夜を走る列車

吉田神社節分祭について

ゾンビのようにサンタは踊る

生命は生命を賛美する

再帰型定義機械

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です