いままで初心者なりにvc++でコーディングをしていたのですが、windowsに特化した環境に慣れてしまうのはどうもなあ、と思ったのでとりあえず人気と言われるIDEのnetbeansを使ってみることにした。その導入の備忘録です。

まず、netbeansのサイトに行ってnetbeansをダウンロード&インストール。c++入のやつ。

それで次はcygwinのダウソ&インスコ。環境変数PATHにC:cygwinbinを追加。
ここで重要なのはOpenGL, GLUT関係のものと、X11をインストールすることと、すでにBorlandのC++コンパイラとかをインストールしている場合は、環境変数PATHに、C:borlandbcc55binよりも前にC:cygwinbinを置くこと。でないとErrorになります。

ここでnetbeansのツール>オプション>C/C++を見て

ベースディレクトリ:C:cygwinbin

Cコンパイラ:C:cygwinbingcc.exe

C++コンパイラ:C:cygwinbing++.exe

アセンブラ:C:cygwinbinas.exe

makeコマンド:c:cygwinbinmake.exe

となっていることを確認してください。

そしてnetbeansでC++アプリケーションを作って<GL/glut.h>をincludeして、ここで左上のウインドウのプロジェクトフォルダ(名前を付けなければCppApplication_1となるやつ)を右クリック>プロパティ>リンカー>ライブラリ>ライブラリを追加でGL.dllとかGLUT.dllとかglutを追加します。(ライブラリは通常C:cygwinlibにある)

あと、これが一番大事ですが同じく右クリック>実行>環境の、名前にDISPLAY、値に:0.0を追加します。これをしないとfailed to open display ‘ ‘というエラーが出ます。

そしてC++コードを実行する前に、スタートメニューに登録されていると思われるXWin Serverを起動し、タスクバーにアイコンが表示されていることを確認します。

これで、netbeansでOpenGL(GLUT)が実行できるはずです。winとmacとlinuxを使いこなせるね!(使いこなせたらいいな!)

関連記事

こうして『宇宙よりも遠い場所』は僕の人生の一部となった(ネタバレあり)

さくらvpsでNEMスーパーノード構築 その2

簡単なCLIアプリやバッチ処理用のPythonのテンプレート

さくらvpsでNEMスーパーノード構築 その1

Zortrax M200の故障対応とかメンテとか

arduino互換品のアップグレードパーツ

コメント

  1. Drunkar

    eclipseより早いという噂。あと日本版キャラクターのねこび~んがかわいいのが(・∀・)イイ!!ね!

  2. Take

    netbeansって使ったことないや
    OpenGLは導入だけしたかな笑

    ちょっと使ってみるか

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です